Lilypie 1st Birthday Ticker My Precious☆ 嬉しいメール
FC2ブログ
 

My Precious☆

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

嬉しいメール

先日、不妊治療を共に頑張って来た友達から久々のメールがあった(* ̄∇ ̄*)
2年前の夏、お互い初めてのICSIで授かったのだけど、
私は心拍を確認出来ぬまま流産、彼女は予定通り出産となった。
そんな彼女とは共通の猫飼いという事でその後もメールや年賀状の
お付き合いが続いてたんだけど、やはり一方に赤さんが産まれると
今まで通り行かないもんだ。こればかりは仕方ないよね。

そんな中、私の懐妊を知って久々のメールが届いた♪
一昨年の後半、私は愛猫と祖父を立て続けに亡くし、それはもぉー
悲しみに明け暮れた日々だった。
はっきり言って今回の私の妊娠は奇跡に近いものがあり、
生命の死と誕生の不可思議さを実感。
彼女には私の身に起こった不幸の数々を聞いてもらってただけに
その中にとても嬉しい内容が(= ̄∇ ̄=)

「一度天国に戻った赤ちゃんを○○ちゃんの(←私)お爺ちゃんが
探しに行ってくれて、□□ちゃんが(←猫)が私の所まで道案内
をしてくれたんじゃないかなぁ。。」


読んだ瞬間、鳥肌が立ち涙が出てきた(┯_┯)
本当にそう思った。
頭オカシイ?とか妄想癖があるん?かと思われるかもしれないけど、
最近耳にした話で赤ちゃんはお母さんを探しているとか。
そして天界で順番待ちをしているんだそうな。
なので私はこの解釈は満更間違ってないように思える。。
我が子が大きくなったらどうやって私のお腹に来てくれたのか
これは是非聞いておきたい!

ちなみに愛猫は私が19歳の頃から共に暮らしてきた猫であって、
仔猫時代、危うく車に轢かれかけたのか、車道脇で軽く怪我を
していたところを当時自動車学校の仲間2人と保護した。
病院に連れて行ったまではいいけど、誰が面倒を看るのか
という問題になり、つい私が飼うと断言してしまった・・(今思えばこれも縁!)
それまで猫という生き物に馴染みはあったものの、
自分で飼うのは初めて!
それからは毎晩一緒にお布団を共にし、私の腕の中で眠る愛猫♪
この当時、私は祖父と同居していたのだけど、遊ぶのに夢中だった
私は猫のお世話をほとんど祖父に任せっきり(><)
あの時はごめんよ・・爺ちゃん・・
祖父も猫との生活を楽しんでいたらしく、よく紐をじゃらして
遊んでいるのを見たもんだ♪
その時の楽しそうな祖父の顔は一生忘れない。
そんな愛猫と祖父が死因が今ひとつ判らない状態で相次いで
亡くなってしまった。
祖父にしても愛猫にしても本当にあっと言う間だったのだ。
昔から祖父は私の事を気にかけてくれていて、娘の孫
というのもあってか孫の中でも一番私の事を可愛がってくれていた。
一度だけ「○○が中々曾孫の顔を見せてくれんけぇーわしゃー
待ちくたびれたわぁー」と笑いながら言っていた事があったのだが
それ以来ずっと早く曾孫を見せてあげたいという強い想いがあった。
でもそれを果たせなかった事が今も心残りなんだよね・・

産まれたらきっと天国から逢いに来てくれるに違いない。

スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。