Lilypie 1st Birthday Ticker My Precious☆ 妊娠3ヶ月
 

My Precious☆

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3ヶ月健診

先日頂いた紹介状を持って、紹介先の産婦人科を受診。
今日で10w0d、この日の診察はまだ経膣プローブだった。
1週間振りに見る赤さんはまるでピーナッツのような形で可愛らしい( ̄w ̄)

帰りに血液検査を済ませたのだけど、この日の精算は14.000円近くかかった。
不妊治療で高額な精算には慣れてはいるものの、一般の病院での
この金額に少々びびった・・
血液検査は病院によって金額が違うんだってね。
でもてっきり母子手帳の後ろについてある妊婦健診チケットを使ってある程度割引が利くもんだと思ってたから財布には1万円ちょっとしか入れてなかった。
A慌てて院内のATMで引き出したけど、チケットの事が気になったので精算窓口で聞いてみると、診察を受ける前に提示しなければならなかったようでまた戻って手続きしてナントカカントカと言われ・・・・
「えぇぃ!!面倒くさいわ!!」と速攻諦めた。

■体重50.7㌔(+0.9㌔) あえて公開しときます・・(・_・;)
■血圧128/71

10w0d

赤さんの周りに薄っすら羊膜が見えます

スポンサーサイト

嬉しいメール

先日、不妊治療を共に頑張って来た友達から久々のメールがあった(* ̄∇ ̄*)
2年前の夏、お互い初めてのICSIで授かったのだけど、
私は心拍を確認出来ぬまま流産、彼女は予定通り出産となった。
そんな彼女とは共通の猫飼いという事でその後もメールや年賀状の
お付き合いが続いてたんだけど、やはり一方に赤さんが産まれると
今まで通り行かないもんだ。こればかりは仕方ないよね。

そんな中、私の懐妊を知って久々のメールが届いた♪
一昨年の後半、私は愛猫と祖父を立て続けに亡くし、それはもぉー
悲しみに明け暮れた日々だった。
はっきり言って今回の私の妊娠は奇跡に近いものがあり、
生命の死と誕生の不可思議さを実感。
彼女には私の身に起こった不幸の数々を聞いてもらってただけに
その中にとても嬉しい内容が(= ̄∇ ̄=)

つづきを表示

2人目の話

先日、院長と最後の会話の中で早速2人目の話が出た。
確かにいつか子供が大きくなった時、「兄弟が欲しい」と言って来る日が
間違いなく来ると思う。
私もダンナもお互い一人っ子同士の為、出来る事なら
兄弟がいる環境を味合わせてあげたい。
それに周りからも必ずと言っていいほど「2人目は?」攻撃を受けるに
違いないだろうし。
そりゃー出来る事なら2人目は欲しい。
ただ私の場合、1人目が出来るまでの歳月と苦労は並大抵の
ものじゃなかったし、もし次もとなると再び先端生殖医療
お力添えが必要で、年齢も30代前半とは言え卵巣機能の心配や
お金の心配と不安は大きい。
凍結卵さえあればここまで不安になることはないんだろうけどね・・

私が治療を再開する頃には不妊治療に保険の適用がされている事を
願わずにはいられない。

クリニック卒業、そして念願の母子手帳

この日の為にダンナは有給を取って私と一緒にクリニックへ。
菓子折りを持って院長と看護師さん達に感謝を込めて挨拶をしてきた。

最初にエコーを見せてもらう。ホッ(´▽`) 
一週間ぶりの我が子は今日も元気に心臓をピコピコ動かしてくれてた。
傍から見たら当たり前の事なんだろうけど、過去が過去だけに
順調に経過する様子が現実に起こってくれてる。。という事が実に嬉しいのだ。
ダンナは初めて見るエコー&我が子の心拍に感動したらしくうるっ(ノ_・、)と来たようだ。
赤さんは、より人間らしい形になっていた。
嬉しいなぁ~♪(= ̄∇ ̄)

お世話になったクリニックともお別れ。
先生方を始め、看護師さんや受付の方達とこれでしばらく
会えなくなると思うと少し寂しいもんだ。
そして移植日より1ヶ月以上に亘って補充していた黄体ホルモンの
膣坐薬も終了!これでホルモン補充は完全に終わった。
あとは胎盤からホルモンが出るのでこれで一安心。

帰りに早速区役所へ寄って母子手帳を発行してもらった。
初めて手にする母子手帳に暫し感動~(TT)

8w5d

CRL(頭殿長)2.03cm

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。