Lilypie 1st Birthday Ticker My Precious☆ にゃんず
 

My Precious☆

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ケヴィン、アンジその後

明日は昼から会議があるというので昨日、ダンナが単身赴任先から帰って来ました。
ということで今日は午前中にケヴィンとアンジを病院に連れて行きました。

かかりつけの病院は木曜日が休みでない代わりに土曜日が午前中のみの診療なので、いざ2匹を一度に連れて行くとなるとダンナの助けが必要です。
まして今は赤子の育児で身動きが取れないので尚更です。

朝6時に起きて仕度をし、朝一番に向かいました。
大丈夫だろうかと思いつつ、お子も一緒に連れて行きましたよ( ̄ー ̄; )
抱っこ紐でずっと抱いていました。

最後にケヴィンの血液検査をしたのが2月。
アンジに至っては10月なので気になっていました。

アンジは以前、他の病院で慢性腎不全と宣告され、今の病院で健康である事が判ったのですが、それが一時的なものなのかもしれないのでまた何時か調べようということになってました。

結果、健康体でした!

しかもケヴィンのダイエット計画でアンジのご飯の量も減らしたおかげで若干痩せてました♪
4kg→3.7kgにダウン!

そしてケヴィン、7.8kg→7.2kg

4ヶ月でたった600g( ゚Д゚)
まだまだだ・・・
減っては来てるのですが、目標マイナス5kgには程遠いあるよ。
これでもフード減らしてるのに、更に減らさなきゃならないのかよぉ(ノTдT)ノ
朝は6時のところを5時に起こされ(下手すりゃ4時台)昼は12時に催促、夜は7時のところを6時頃から待機され、それでも夜中にまだ欲しそうにしてて本人(猫)足りてない様子・・・_| ̄|○

ケヴィンさん・・・私も辛いんだよ・・

ケヴィンの血液検査の結果は毎日の薬のせいか、肝臓(GPT)が以前よりも上がっていました(T-T)
そして一番気になってたCPK(心臓)は下がっておらず、相変わらず2000(アンジは206)という驚愕の数値で、これ以上は下がらないだろうとの診断でした。
「一度着いた導火線は消すことはできない・・」と先生。

その導火線に着いた火をゆっくり少しでも爆発させないよう、お薬で現状維持してるに過ぎないのですが、もっとリスクを減らす為にはまだまだ減量させなければならないのです。

いつかはその時(死)が来るのを覚悟しておかなければなりません。
心臓なのできっと即死になるかと思います。
でもそれなら苦しまずに逝けるから私はそっちの方であって欲しい。
私が一番恐れているのが血栓が出来て後ろ足が壊死すること。
とにかくそうならない事を祈るだけです。

最近、浮かれポンチな日記ばかり書いていたけど今日は重たい内容になってしまいました。
そんな私の心情を本人(猫)知るよしもなく、今日も5時に起こされました( ̄▽ ̄; )
和室の引き戸を少しだけ開けているのですが、そこから手を入れて戸の淵をカシカシカシカシ・・・・
この耳障りな音で目覚めるのですが、
起き上がるまで延々と引っかいてる!!

これ、毎日やられてます・・
以前はダンナがやられ、半分ノイローゼになってました。
今ダンナは普段、留守なので矛先は私に変わり、ダンナの気持ちが初めて解りました。

まじでイライラしますよ、これ。


スポンサーサイト

睡眠不足

昨晩、ダンナは「疲れた」と言って、夕方6時に帰って来るなり朝の6時まで爆睡でした。
どうやら仕事のことで相当疲れとストレスが溜まってるらしく、胃を絞めつけられるほどの胃痛を訴え、下痢まで引き起こしてました。
途中、食事を摂るのに起きるかと思いきやよっぽど眠かったんでしょう。
食欲がないと言ってましたが何も食べないのは良くないと思い、野菜ジュースを飲ませて再び寝てもらいました。

ダンナは仕事柄プチ単身赴任(←週末のみ帰宅)の生活が多く、この時期自宅から通ってる方が珍しいのですが、大体3月の決算期はいつもしんどそうです。
今回は通いの分、高速を片道小1時間往復するので結構キツいみたい・・
私にとっては妊娠中って事もあって、毎日家に居てくれた方がとても心強いんですがね( ̄~ ̄;)ウーン・・・

はじめはノロウィルスかと思ったのですが、今日は元気になってるのでやはりストレスから来るものだったみたいです。

それに気の毒なことに、ここ最近は目覚ましが鳴る前からケヴィンさんに起こされ、ご飯を強請られていたのも原因の一つかと思われます。
なので昨日はダンナが寝ている部屋の扉を閉め切って入れない様にして置きました。

すると今度は私に矛先が・・・(-_-メ)

たぶん朝の4~6時までの間だと思うんですが、キッチンにぶら下げてあるスーパーのビニール袋を「カシカシカシカシ」延々と鳴らしあげるのです!
あまりにもしつこいので「コラァ!!ヾ(*`Д´*)ノ" 」と一喝すると、一瞬ピタッと止まるものの、しばらくすると「カシカシ・・・・」続くのです。
(ナメられてる・・)
それでも起きない私に、今度は雄叫び攻撃!!
絶対屈してなるものかと決して起き上がりませんでした。

そうこうする内に再び眠りに落ちて行き、気付いたら朝になってました。
ダンナは気持ち良く目覚めたらしく、いつも通り朝6時にご飯をあげてくれていました。
しかしダンナもこんな調子で毎朝起こされてたら睡眠不足になるのも当たり前ですよね。
ダンナに対するケヴィンの行動は私よりも酷いらしく、私には顔や髪の毛をソーッとなぞるんですが、ダンナには顔面をテシテシ叩くんだそうです・・( ̄▽ ̄; )
手で追い払ってもしつこく起こしに来るそうです。
そして最悪なのが、此れ見よがしに嘔吐を始めます!!
もちろん、出てくるのは胃液。

決まって目覚ましが鳴る前に起こすケヴィンさんの腹時計はある意味スゴイとは思いますが、どうにか6時まで待てないもんですかねぇ・・

でもダンナはそんなケヴィンさんでも昔から一番のお気に入りなので憎んではいません。
『ムギュー』っと抱いたり『チュー』したりするのですが、この時のケヴィンさんと言ったらとっても迷惑そうな顔してます( ̄ー ̄; )
きっとダンナのことは「ご飯係」ぐらいにしか思ってるとしか思えないよ・・・ 

あぁ~つれないね~。

222

今日は猫の日ということで
アンジさんについて話そうと思います♪

むにゃ~


我が家の癒し系、アンジェリカことアンジ
アビシニアンの長毛種でソマリという品種。
有名人の中では中島美嘉ちゃんが
飼ってることで有名です。

子猫の時からとっても甘え上手なにゃんこ。
性格は一番の神経質で、成猫になってからは
人&猫見知り激しいっす。
猫なのに猫じゃらしを投げると犬みたいに
銜えて持ってくるという動作をするちょっと変わった猫。
極、たま~にダンナにも愛想を振りまくが
一番はやっぱりこのわ・た・し( ̄ー ̄)ニヤリッ

子猫時代に一度だけ興味本位で
キャットショーに出陳させました。
運良く1等賞を頂きましたが
ショーキャットにする目的ではなかったし、
血統的にもショー向きではないので
その後はずっと家猫さんです。

2年前の冬、先住猫が原因不明の病気で亡くなった為、
念の為に当時のかかりつけの病院で
エイズ&白血病検査を受けました。
結果は(-)ではあったものの、乳腺の近くに
しこりがあったのと、肺に映った影から

「乳腺腫瘍」肺に転移と告知され
気を失いそうになりました。
(↑猫の場合7~9割が悪性)

病院からは鮫の軟骨とアガリクスが混ざった
サプリを出されただけで、他には何の手立てもありませんでした。
何もしないよりは・・と、せめて最期は大好きな物を
食べさせてあげたい!という一心で、
即ドライフードから缶詰に切り替えました。
するとそれまで食欲不振だったのがたちまち元気に!
その間、病院からもらったサプリの他にも
私が飲んでたサプリ(←ペットも可)を飲ませ、
藁をもすがる思いで高価なメシマコブもトライ。

すると!
年を越せるかどうかと言われてたのに
無事に年を越せたのですヾ(☆o☆)ノ
嬉しい反面、じゃー一体なんだったんだ?という
疑問と不信感から別の病院(2軒目)で診てもらったところ
癌でない事が判明!!
しかし、それでも何時に無く様子がおかしいので
MRI検査を受ける為に新たに病院を紹介してもらいました。
するとMRIよりも先に受けた血液検査で
これまた致命的な「慢性腎不全」
と診断され再び凹みました・・・

なんでアンジばっかり!?と嘆きましたが
泣き言を言っても仕方ないので再び病気と向き合いました。
幸い点滴をするほどではなかったので
活性炭のお薬と食事療法を取りました。
しばらくはこの方法を続けていたんですが、
ある出来事がきっかけで2軒目の病院の先生に
診てもらうのを止めました。
現在3軒目の病院が現在のかかりつけです。
今までの事情を話し、慢性腎不全の度合いを診るのに
血液検査をしてもらいました。

至って健康でした。

2度も誤診なんて普通、あり得る?

しかし、慢性腎不全と診断される前は実際、
おしっこの量もハンパでなく多かったので
あの時は腎不全だったと思うんですが・・不思議です・・

今後も半年に一度は検査をして様子を見て行くつもりです。


なんだよ・・


ついでにケヴィンも♪
とっても不細工です!!目つきワルッ(笑)
でもこの不細工な顔も大好きなんです( ̄w ̄)


エジプト猫


猫にちなんで。
右のちょっとキモイ猫神、ボールペンになっております。
左の猫は人気商品でした。

ケヴィンその後

ケヴィンの心筋症が発覚してから
昨日で一週間経ちました。
本人(猫)いつもより元気です♪
ただ、ご飯のリズムが狂ってとても不満そうです( ̄▽ ̄; )

エコーを診てもらうようにと紹介された病院へは
翌日行って来たのですが、
とても立派なエコーで私が通ってる
産院のエコーとほぼ同じ!
ケヴィンの心臓はとても鮮明に映し出されていました。
15分程かけてとても丁寧に調べてくれましたが
ケヴィンは比較的大人しい猫さんなのでとても助かりました。

でもって、やはり「肥大型の心筋症」でした。
エコーで見る限り血栓も出来てないし
心電図にも異常なしなので一先ず薬で様子を見ることに。
一週間分の薬を2種類、早速その晩から飲ませました。
薬は錠剤だと「ペッ」と吐き出すので粉末状にしてもらい
水で溶かして注射器で流し込む方法を取ります。
一日朝晩一回ずつ。
フードに混ぜるのが一番良いのですが、
これだとすぐさま察知し、一口食べた後は
全く食べなくなるのです。
非常にデリケートなヤツなんです、はい( ̄ー ̄; )

紹介された病院でも、今、まずやることは
痩せさせること!と言われました。
目標は一ヶ月で一㌔だそうですが、
はっきり言ってそりゃ無理ですぜ!!
てか、そこまで痩せるには
ケヴィン自身も辛いし、私も辛い!
ねこのきもち10月号にも
「ゆっくり痩せさせる」とありました。
まぁー病名が病名だけに、ゆっくり
なんて言ってられないのかもしれません。

で、あれから一週間。
薬も丁度切れたし、ダンナには早めに帰って来てもらい
再びケヴィンを連れてかかりつけの病院へ。

まず始めに体重チェックをしました。
すると7.7㌔!(-0.1㌔)

「誤差でしょう」と言われましたが、

いや、減ったんです。
(私はそう信じる)

聴診器を当てて心拍数を確認してもらったところ
「うん、大分ラクそうだね」とのこと。
「やっぱり!?」って思いました。
お薬飲ませ始めてから、睡眠中の呼吸が
何だか緩和されたような気がしてたんです。
しかもうるさかったイビキもあまり気にならなくなった。

血液検査は今回見送りです。
まだ一週間だし早すぎるとのこと。

そしてフードの与え方を再確認してみたところ
本当ならどちらか一つ、缶詰orカリカリ、
と絞った方が良いんだそうです。
理由は手間がかかるから。
私も身重だし、これから子供が産まれても
忙しくて負担になるから、と仰ってくれましたが、
缶詰だけは止めることは出来ないなぁ。。
だって、缶詰開けた時の反応は明らかにカリカリとは
違って楽しみにしてるみたいなんだもん(・_・;)

それと、 夜遅くにはあげない!
晩のご飯は19時!
と忠告されました。
猫さんも人間と同じで、夜遅くに食べるという事は
脂肪を蓄えやすく太りやすいんだそうです。
(知らなんだ・・私もまだまだ勉強不足です)
確かにいくら夜行性とは言え、
野良さんと違って、運動量も遥かに違うワケだし・・・

もう一つ【一ヶ月一㌔】という過酷な制限は
如何なものかと聞いてみました。
すると「僕は一ヶ月百㌘でも一年で一㌔でも良いと思いますよ」
「飼い主さんと猫ちゃんのペースで頑張れば良いんですよ」
と仰ってくれ肩の荷がラクになりました♪

最後に、「この病気は治るものではありません」
「飼い主さんも腹を据えて気を楽に頑張って行くしかないです」
と告げられました。
お薬はたぶん、このまま一生続けて
いく事になると思います。
心臓の負担を軽くし、血栓が出来るのを防ぐ為にも。
上手くいけば、爆弾は抱えたままだけど
このまま何事もなく長生きしてくれる
可能性だって大いにあります。
その為にもダイエットは必ず成功させなければなりません!
目標5㌔。
ここまで痩せれば世界が変わります。
時間はかかると思いますが、頑張ります。

20060218153300.jpg

ごはん係

ここ数日ちょっとお疲れモード(|||_ _)...
獣医さんからケヴィンに対するダイエットを言い渡されてから
というもの、フードの管理に余念がない。

計量して与えるのはどうってことないんだけど、
食べ終わった後は一旦お皿を下げて
再び欲しがった時にお皿を戻す・・という作業を

一日何度となく繰り返す。

何でこんな面倒なことをしてるかっていうのは
猫を多頭飼いしている人なら検討がつくハズ。
もちろん、出しっぱなしでも構わないけど、
それは割り当てられたフードをきちんと食べてくれる子。

家の猫さんはそうはいかないらしい。
どちらか片方が先に済ますと、

待ってました(ΦωΦ)ふふふ・・・・

とばかりに相手のお皿へ移動する。
同じフードなのに・・・
(自分の分は後でゆっくり食べたいんだろうね・・)

それを見張り、阻止するのが私の役目!!

お腹が大きい今、ハッキリ言って
立ち上がるのが非常に辛いっす・・
コラッ!!」と怒っても
私が近づいてお皿を取り上げるギリギリまでガッつく!!
(私、ナメられてるのか?)

特にアンジはヒドイもんで、ここ最近は晩に出す
開け立てホヤホヤの新鮮な缶詰を即座に食べず、
ケヴィンが一旦食べ終わるのを待ってから横取りしに行きます。
ケヴィンも隙を見てはアンジのごはん横取りしてるから
お互い様なんだけどね・・

あんまり私が気を張ってるせいか、ケヴィン、
しばらくアンジと自分のお皿を前に葛藤してましたが
迷った挙句、自分のを食べ始めました。
ちょっと可哀相にも思えて来ました・・
が、ここは心を鬼にして( ̄‥ ̄)=3

しかしさきほどケヴィンが
「ちゃんと自分のを食べてるよ~」
と見せかけて私が向きを変えた直後に
アンジの分を食べてる姿を見てしまった・・

完全にしてやられました!!

猫さんって結構ずる賢いところあるんだよね・・
でもそうゆうとこも含めて猫が好き(*´ェ`*)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。